腰痛 脇腹痛 原因

腰痛や脇腹痛の原因となる病気を見つけ出す

スポンサーリンク

腰痛は重い荷物等を持つと後から起きやすい症状です。
脇腹痛は、不自然な姿勢で体を動かすと起こしやすい症状です。
では何も思い当たる原因のない時に、二つの症状が起きると何かの病気のサインではないかと考えるのは普通なことです。
左右のどちらが痛いのか、両方同時に痛むのかを把握する必要があるのです。
また、どのような痛みかを、知ることは大切になるのです。
重くなるような鈍痛か、刺されているようなピリピリとした痛みかにより診断が変わるからです。
更に、熱があるかどうかは必要な情報です。
痛みがある部分のみの熱感か、体全体の熱発がどれくらい続き高熱かどうかで病名は判断されやすくなるからです。
そして、排尿時の尿の色や濃さ等を医師に伝えると早く治療を始めることが出来るのです。
スポンサーリンク

腰痛や脇腹痛を起こしやすく、更に高熱がある時は一番の原因に脱水状態を確認するのです。
脱水になると、腎臓に負荷がかかるからです。
四十度程の高熱がある場合は、血液検査から炎症反応が出て診断に繋がるのです。
多くはこの場合は、腎炎等を疑いながら他の臓器を調べていくのです。
脱水から簡単に起こしやすい腎臓の病気は、女性が少し多いと言われているのです。
また、注意しないといけないのはお年寄りや子供の場合です。
腰痛や脇腹痛を起こしていても上手く説明が出来ない事があるからです。
重くなる前に診察を受け治療を開始することで健康な体に戻るのです。
慌てずに、周りの人がよく注意してみておくと、スムーズに回復へ向かい、いつもの生活に戻る事が出来るのです。
スポンサーリンク