腰痛 症状 座ると痛い

座ると痛い症状の腰痛の対策法

スポンサーリンク

辛い腰痛に悩んでいる人は多く日本人の10人に1人が、腰に何らかの症状を抱えていると言われています。
腰痛の症状は人それぞれ違っていて症状に合わせた、対策法を取ることが痛みの改善には効果的です。
ここでは座ると痛いという症状の腰痛について、原因や対策法を説明します。良ければ参考にしてみてください。
まず何故座ると痛みを感じるかと言うと、腰への負担が大きいことが挙げられます。
腰痛の約8割が原因がはっきりとは分からないと言われていますが、長時間座り続けることで筋肉の緊張が蓄積してしまい、痛みを発生させる大きな原因であると言われています。
立っているよりも座ることで、腰への負担は約2倍程度増えてしまいます。
その為体のバランスが崩れて、痛みを感じる大きな原因となってしまいます。
スポンサーリンク

ではこの座ると痛いという症状にどのように対処したら良いのかと言うと、基本的には長時間同じ姿勢で座らないことを意識することが大切です。
デスクワークが1日中続くと言う人も座りっぱなしにはせずに、こまめに姿勢を変えたりストレッチなどをすると痛みの改善に効果的です。
また慢性的に痛みを感じる人は腰痛用の座布団やクッションなどを、上手に活用するのも効果的です。
このような商品は数多く販売されていて気軽に、生活に取り入れることが出来ます。
また購入しなくても家にある座布団やクッションなどを、半分に折って座る角度を調整するというのも自分の痛みの状態に合わせて、変えることが出来るのでおすすめです。
辛い痛みが長く継続するようならば早めに、専門医師の診察を受けると言うのも大切なことです。
スポンサーリンク