慢性前立腺炎 症状 腰痛

腰痛等の症状が出る慢性前立腺炎について

スポンサーリンク

 慢性前立腺炎とは男性の生殖器である前立腺に発生する、感染症の一種の事を言います。
原因となる細菌としてはブドウ球菌や腸球菌、サルモネラ菌等いくつかの種類があります。
 慢性前立腺炎になる課程は大きく2種類あり、一つ目は急性の前立腺炎が慢性化してしまうというものです。
もう一つは、前立腺に結石のような異物がある等といった基礎疾患が引き金になって、感染してしまうというものです。
 代表的な症状としては頻尿や残尿感、腰痛や患部の疼痛等が挙げられます。
また急性前立腺炎の症状の特徴である、38度以上の発熱が起きる事は基本的にないです。
 それ以外にも前立腺が腫れると尿道を圧迫する事があり、それが原因で排尿困難になる場合もあります。
スポンサーリンク

 慢性前立腺炎は尿を検査する事で、発症しているか否かや症状の程度等が確認出来ます。
尿の中に含まれている白血球や細菌の有無等を見る事で、診断を下す事が可能です。
ただ慢性前立腺炎の場合には普通に排尿しただけでは、これらを確認する事は困難な場合が多いです。
そこで排尿の前に前立腺をマッサージして、前立腺液を尿道へ導いてから排尿をします。
 治療方法としては薬物療法が一般的で、原因の細菌に合わせた抗生物質の投与を行ないます。
ただ慢性前立腺炎は急性前立腺炎よりも、抗生物質が細菌に届きにくいという特徴があります。
そのため抗生物質の投与期間が、数カ月という長期間に及ぶ事もめずらしくないです。
しっかりと完治させるためには、地道に治療を続ける事が大切になります。
スポンサーリンク