デッドリフト 腰痛 治療

デッドリフトが原因の腰痛の治療は安静が大切

スポンサーリンク

ウエイトトレーニングをしている人であれば、BIG3という言葉を聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。
これは、基本的なウエイトトレーニングの方法であり、この3種類を行うことにより体に大きな影響を与えることが出来ます。
その3種類とは、ベンチプレス・スクワット・デッドリフトです。
いずれも大きな筋肉を鍛えることが出来ます。
デッドリフトでは、体の背面、僧帽筋上部、広背筋、大殿筋など、下半身から上半身までの幅広い筋肉を鍛えることが出来ます。
しかし、一方ではやり方を間違えてしまうと腰痛の原因になることもあります。
腰痛を予防するためには、背中が丸く猫背のようにならないように行うということが重要になります。
スポンサーリンク

では、デッドリフトをして腰痛になってしまった場合にはどのような治療が行われるのでしょうか。
最も大切なことは、安静にするということです。
痛みや違和感がある中で、さらに負担を掛けるようなトレーニングを行なってしまうと、症状が悪化してしまう可能性がありますので、注意が必要です。
ある程度、痛みや違和感がなくなった、回復したように思うという場合でも無理はしないようにしましょう。
重い重量で行うのではなく、最初は軽い重量でフォームを確認しながら行うようにします。
自分ではフォームを確認することが難しいため、トレーニングの様子を見てもらい、アドバイスを受けるようにするか動画などで撮影し、フォームを確認するようにしましょう。正しいフォームで腰痛を起こしにくいフォームを研究してみてください。
スポンサーリンク