盲腸 症状 腰痛

盲腸からくる腰痛と症状

スポンサーリンク

盲腸になる時の症状は人によって色々あります。
一般的に腹痛や嘔吐、発熱や脈の増加、便の異常、腰痛などが挙げられます。
盲腸は突然になるイメージがありますが、実は前触れがあります。
症状が色々あり直接お腹とは関係ないことも多く、その症状だけでは病気とは思わないことが多いです。
もともと腰痛がある人は発症する数日前からいつもより痛みが強くなったと感じることがあります。
腸内に炎症が起きるため、腸内の温度が高くなり便秘になることからも腰の痛みを強く感じます。
特に右下辺りが痛くなってくると熱っぽさやだるさに加えて吐き気なども増します。
この時になって初めて盲腸なのでは、と気づくのです。
盲腸の原因はハッキリしていませんが、炎症から大腸菌や連鎖球菌などの菌類が原因とされます。
スポンサーリンク

治療方法は切除と薬による療法があります。
以前は切除が一般的でしたが、投薬によって中垂を温存する方法が多くなっています。
症状が進行している場合や破裂していた場合はすぐに切除手術が必要です。
切除する場合は右下腹部を切開します。
術後を考えて腹腔鏡手術で切開幅を小さく抑え、入院期間も少なく一週間ほどで退院できます。
小さな穴を開けるので手術跡も目立ちません。
術後は安静が一番で、腸の機能が戻るまで数日かかります。
機能の低下から排便を助ける腸の動きが弱くなります。
排便の際は無理にお腹に力を入れないようにしましょう。
退院後もしばらくは暴飲暴食を避けて体を労わる生活を心がけたいですね。
傷は小さく見えますが、外からの見た目以上に体は傷を負っています。
スポンサーリンク