腰痛 原因 朝起きたら

朝起きたら起こる腰痛の原因と対策

スポンサーリンク

腰痛は、あらゆる人が患う可能性のある疾患で、老若男女を問わず発生します。
例えば、若い人であっても、スポーツで腰を負傷することは、頻回に起こる現象です。
しかし、やはり高齢者における発生率は、若い世代よりも多いものです。
こうした、高齢者における腰の痛みにおける訴えのうちで、もっとも多くなるのが、朝起きたら痛いというものです。
朝の時間と言うのは、もちろんまだ活動が始まっていない段階です。
この点において、なぜ朝起きたばかりで痛いのかと言う疑問が生じますが、その答えとしてはいくつかの原因があります。
まず、どんな運動器系の疾患であっても、動かし始めは痛みが強いものです。
例えば、膝関節が痛い人が、椅子から立ち上がるときに痛いのに、歩き出すと軽減するのは典型的です。
スポンサーリンク

これは、動かし始めるときに、意外に大きなエネルギーを必要とするためで、この際に痛みが発生するのです。
また寝具についても、こうした朝起きた際の痛みに影響を及ぼします。
その典型的なものが、柔らかすぎるベッドを使用していることになります。
柔らかいベッドを利用しますと、骨盤の部分が沈み込むような状態なります。
この状態というのは、実は腰が大きく反った姿勢になりますので、腰痛が発生しやすいのです。
またベッド以外でも、リビングのソファーが柔らかくて、ここで寝ることによって、痛みが起こることもあります。
このケースは、高齢者ばかりではなくて、若い世代にも共通します。
したがって、寝具を選択することは、朝の腰痛の軽減に繋がります。
スポンサーリンク