腰痛 原因 冷房

冷房による腰痛の原因と対策

スポンサーリンク

シャワーを浴びたり湯船に浸かることで体が温まった時、腰の痛みが軽減されることがあれば、その腰痛の原因は「冷え」である可能性があります。
その場合、筋肉の緊張から起こる血行不良によって、引き起こされているのです。
筋肉の緊張は、筋肉が収縮してしまっている状態が、長く続くと起こります。
筋肉の収縮などは、自律神経によってコントロールされていますが、体が冷えると、自律神経のうちの交感神経が活発になり、筋肉や血管を収縮させて体温の低下を防ごうと働きます。
この働きによって、血流が悪くなり痛みが発生してしまっていると言うことです。
冷えの原因は様々ですが、夏場であれば冷房が効いた環境に居続けることが多ければ、要注意と言えます。
冷房が効いた環境に長く居る場合は、膝掛けなどを利用するといいでしょう。
腰痛の原因が冷えである場合、冷えている箇所によって対策は異なって来ます。
もちろん、入浴などで全身を芯からあたためることは、どの箇所の冷えに対しても効果的です。
スポンサーリンク

腰を直接、冷やしてしまっている場合もあるでしょう。
この場合は、腰にカイロを貼ることが有効です。
厚着やカイロの使用は避けたいのであれば、薄手の腹巻などを身に着けることもいいでしょう。
冷えによる腰痛を引き起こしてしまっている普段の服装よりも、ガーゼ一枚分でも腰周りを多く覆うだけで違って来ます。
また、腰痛を引き起こしているのが「足の冷え」である場合も多いのです。
足首・脹脛・膝と言う、膝より下の冷えは、意外と自覚されることが少なかったりします。
靴下やレッグウォーマーの着用だけでも、足の冷えの解消になり、腰痛予防・対策になります。
足の指先を手で内側へ折り畳み、しばらく待ってからパッと放すと言う簡単なストレッチだけでも、指先の血流改善になります。
体の冷えの対策は、普段より少し体を気づかうだけで、簡単に行えます。
こうした身近な簡単な対策から、試してみましょう。
スポンサーリンク