腰痛 原因 若年

若年性腰痛を引き起こすスポーツ障害の原因と解決法

スポンサーリンク

腰痛と言えば、働き盛りの30代以降から発症するものと勝手にイメージしていますが、10代、20代と比較的若い層がぎっくり腰などを引き起こす事例も多いようです。
原因としては様々ありますが、日常生活において殆ど運動をしていない、生活習慣、労働条件による過度の疲労などが挙げられます。
原因によっては対処方法も変わってくるので原因を把握した上で対処するようにしましょう。
先述した原因の中で運動不足を取り上げましたが、逆に運動からくる疲労による原因もあります。
部活動では厳しい練習を課せられる事がありますのでそうなると腰痛に陥りやすくなります。
その点において適度に体を動かす環境ではないので避けるのは難しいところでしょうか。
スポンサーリンク

スポーツ競技において障害や外傷が起こる事をスポーツ障害と言います。
スポーツ障害における一番の障害は腰痛なのです。
厳しい練習により鍛えられた筋肉が硬直してしまう事で筋肉を支える股関節への負担が増してくるのです。
こうした問題を改善する方法としては生徒を預かる指導者が体のケアについてしっかりアドバイスし、疲労が蓄積した部分へのアイシングやマッサージを施すなどの処置が必要になってきます。
そして生徒さんとのコミュニケーションをしっかり取る事で日頃の体の不具合箇所を把握してアドバイスしてあげる事です。
また保護者の方も子供さんのケアに十分注意を図るようにしなければなりません。
若年で腰痛を持つと慢性化し持病になりやすいとされています。
若いからと無理をさせず適切な対処方法で指導する事で腰痛が改善され、スポーツで良い成績を収められるようになると思われます。
スポンサーリンク