腰痛 原因 太りすぎ

腰痛の原因として太りすぎは考えられる

スポンサーリンク

腰痛の原因は慢性的なものから突発的なもの、原因不明のものまで様々です。
ですが、一番可能性として考えられる要因の一つとして体重の増加があります。
日常生活の中でも年々と筋肉は衰えていくのに、骨は大して変わらないのです。
筋肉が衰えてしまえば、それだけ自分の体重が腰に重くのし掛かり大きく負担をかけ続けます。
日常生活で腰は重要な支軸となる存在なので、可能な限りは増加を抑えた方が健康のためには必要です。
そのためにも、メタボの原因となる太りすぎを考える必要があります。
食生活の見直しは健康への道のりの第一歩になります。
三色きちんとバランスよく食べることが、ダイエットに繋がるのです。
その場合、食べ過ぎに注意してよく噛みます。
噛む回数を増やすことにより満腹感が持続します。
スポンサーリンク

また、糖類やアルコールを控えることにより体重のコントロールが可能になります。
腹八分目を目安にして、長期間に渡って生活に取り組む姿勢が大切です。
最初はきつく、足りなく感じますが慣れると体も軽く感じて腰の痛みも軽減できます。
食事は毎日のことなので無理のないように工夫します。
また、ダイエットは運動も大切ですが肥満の場合、通常の人と同じような運動をしてしまっては新たな痛みや故障の原因となり無理ができません。
少しの脂肪を落とすだけでも腰には良いですが、無理のしすぎでリバウンドをしてしまっては元も子もありません。
また、リバウンドは危険にも繋がるので、痩せてきたらキープすることを念頭にいれて、必ず少しずつ挑戦します。
姿勢をよくして筋肉を増やすことも腰痛には効果があるので、無理のない運動を心がけながら新しい筋肉を増やす努力も大事になります。
スポンサーリンク