エルゴ 腰痛 原因

エルゴ使用時に起きる腰痛の原因について

スポンサーリンク

抱っこ紐は赤ちゃんを抱っこするための道具です。
まだ首が座っていない赤ちゃんにも使用出来るので、現在多くの人が使用しています。
抱っこ紐はたくさんのメーカーが販売していますが、特にエルゴという商品が人気です。
エルゴはもちろんですが、抱っこ紐を使う多くの人が腰痛を経験します。
その原因は赤ちゃんを抱っこする向きにあります。
首が座っていない赤ちゃんはおんぶをすることが出来ません。
そのため、自分のお腹側に抱っこをしなければなりません。
赤ちゃんは小さくても産まれた時は約三キロもあります。
赤ちゃんをお腹側で抱っこすると背中や腰にとても負担がかかります。
重さに耐えながら抱っこし続けると腰痛を引き起こしてしまうのです。
スポンサーリンク

赤ちゃんは成長していけば体重も増えるので、体にかかる負担はより大きくなります。
なるべく腰に負担がかからないように、抱っこ紐には腰の部分にベルトが付いているものが多いです。
ベルトがあると腰への負担がかかりにくくなるので腰痛も引き起こしにくいです。
抱っこ紐を購入する際には、腰にベルトがあるものを選ぶと良いでしょう。
試着をしてみるとより自分に合ったものが見つかります。
しかし、子育てをしていると毎日のように抱っこ紐を使う人もいるでしょう。
使用すればするほど体に負担がかかってしまいます。
なるべく一回に使用する時間を長過ぎないようにすると良いでしょう。
抱っこ紐は子供が歩けるようになるまでとても活躍してくれます。
ぜひ上手く活用してみましょう。
スポンサーリンク