腰痛 原因 内臓疾患 左

左右の腰痛の原因は内臓疾患が考えられます。

スポンサーリンク

腰痛には様々な原因があります。
腰痛の多くは筋肉疲労による筋肉痛や炎症のものが殆どですが、中には内臓疾患による痛みの場合もあります。
痛みが左右どちらか片側に出ている場合は腎臓結石や急性腎盂炎など腎臓機能疾患の可能性があります。
腎臓は左右に1つずつありますので、どちらか一方に結石や炎症が起こると痛みなどの症状が出てきます。
腰痛の他に腎臓結石の症状として、激痛が背中や腰に感じることや血尿などの症状も見られる事があります。
また、急性腎盂炎の場合は悪寒や高熱、振るえや吐き気などの症状も見られるのですぐに医療機関を受診しましょう。
腎盂炎は女性が罹りやすい膀胱炎からも引き起こされてしまうこともあるので注意が必要です。
スポンサーリンク

腎臓の疾患の他にも内臓疾患から引き起こされる腰痛はあります。
それは大腸です。
大腸の動きが悪くなると腰に違和感や痛みを感じてしまう場合があるのです。
そのもっとも身近な症状は便秘による腰痛です。
便秘になると腸の血行が悪くなってしまう為、腰周辺の冷えが腰の痛みの原因になることがあります。
また便秘なると腸の中でガスが発生しやすくなります。
するとガスで腸内が圧迫されて腹痛や腰の痛みを引き起こしてしまうのです。
次に女性で下腹部や腰の痛みが続く場合は女性特有の疾患が原因かもしれません。
痛みの他に不正出血や生理の量が著しく多い又は少ない症状がある場合は特に注意が必要です。
卵巣や子宮の疾患の可能性もありますので、医療機関の受診をお勧めします。
スポンサーリンク