腰痛 原因 いきなり

いきなり立てないくらいの腰痛の原因

スポンサーリンク

いきなり、立てないくらいの腰痛に襲われることをぎっくり腰といいます。
ほとんどの場合、真っ直ぐ立てなくなり、着替えなどの日常生活が困難になります。
原因としては、重いものをもったからと言う事もありますが、ほんのちょっと寝返りを打っただけでも発症することもあり、体のバランスが崩れていることが考えられます。
そのため、背中がひねりやすくなり、背骨までズレてしまいます。
背骨のズレた箇所が酸化することにより血液が冷え、よどみ、ますます悪循環を呼んでしまいます。
重いものを持った、ひねったなど動作が加わっていないのに、ひどい腰痛が続く場合は、子宮ガンなどの疑いがありますので検査を受けましょう。
次にぎっくり腰の応急的な処置について述べます。
スポンサーリンク

ぎっくり腰になった瞬間から2日目くらいまで、痛む部分は炎症を起こして熱を持っています。
まず、炎症を抑えるためにとにかく冷やします。
アイスノンなどの保冷剤をタオルや腰ベルトに挟んで冷やしましょう。
冷やしてる間はとにかく安静にしましょう。
横になり、シムスの体勢や自分が一番楽に感じる体勢にします。
3日目くらいから、今度は腹巻などで温めるようにします。
湯船につかるとより効果的です。
栄養のバランスも大切です。
毎日の食事では、海藻などでカルシウムを充分に摂取し、体を冷やすような食べ物を極力避けるようにしましょう。
いきなりの腰痛は繰り返しやすいので、痛みがひいて体が動かせるようになったらストレッチをし、体の筋を柔らかくしておくことも大切です。
スポンサーリンク