腰痛 症状 歩くと痛い

歩くと痛い腰痛の症状

スポンサーリンク

数多くの人が悩む腰痛ですが、症状や原因にも色々あり、痛む場面も人によって違いがあります。
腰だけが痛いなら急性腰痛、ぎっくり腰の可能性が高いです。
そのほとんどは安静にしていれば楽になっていきます。
重い物を持ち上げたり何かの拍子で痛み、急に歩けなくなります。
立ったり座ったり歩くのも困難になる症状です。
何度も繰り返すと思っていたら、椎間板ヘルニアなどによる背骨の骨折だったというケースもあります。
歩くと痛い、足がジンジンと痛んできたり、5分ほどで痺れや脱力感で脚に力が入らなくなる、腰を伸ばすのが辛いが前かがみなら痛みが和らぐなどの症状は脊柱管狭窄症に出やすいです。
歩いていると症状がひどくなり、前かがみになって休むと楽になるのが特徴的です。
スポンサーリンク

歩くと痛い椎間板狭窄症とは、脊柱管を囲んでいる椎体の変性や靭帯、椎間板などの変形で脊柱管が狭くなったために、中を通っている神経や血管が圧迫されて腰痛や下半身のしびれなどの不具合を起こす病気です。
背骨の加齢にともなって変化することで起こる老化現象の一つで、誰でも加齢とともに多かれ少なかれ狭くなっていきます。
若い時に重労働や重い物を持つ仕事だったり、腰を痛めた経験のある人、長時間運転する人は進行しやすく、女性は変性すべり症を起こしやすいです。
しびれや痛みは太ももからふくらはぎ、足の裏など部分的だったり片足にだけ出る場合もあります。
足先が持ち上がらない、つまずく、スリッパが脱げやすいなど足の症状だけで腰痛は全くでないケースもあります。
スポンサーリンク