腰痛 足のしびれ 治療方法

足のしびれがある腰痛の治療方法

スポンサーリンク

まずは、治療方法の前に腰痛や足のしびれが何故でてしまっているのか考えてみましょう。
足の痺れが出ている箇所は、お尻あたりから足の裏、ふくらはぎ、足の先が一番多いです。
座骨神経にそって痺れや痛みがでてます。
日常生活での姿勢は前屈みが多いですよね。
ブリッジした姿勢はほとんどないですね。
ということは体の前側の筋肉、腹筋側や大腿部の全面が縮こまってるんです。
そうすると、体の後ろ側の筋肉はどうでしょう。
引っ張られてしまって伸びてしまっています。
その伸びた筋肉の下にある座骨神経が圧迫されて痺れがでてしまっています。
椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などからの痺れも可能性はあります。
まずはレントゲンをとってから治療をした方が安全です。
スポンサーリンク

次は足のしびれ、腰痛の治療方法についてです。
ほとんどの方は両足というより片方が痺れていたり痛みがあったりします。
そこで体のバランスを見ていくと肩の高さや頭の位置、骨盤の高さに問題があります。
まっすぐにたっていないし、座っていないんですよ。
その体の歪みが痺れや痛みを感じる場所に負担をかけているわけです。
骨盤、股関節、肩関節、頭の位置等、前後左右のバランスを元の位置に戻していく事が治療になります。
マッサージは治療ではなく癒しです。
自分でもできる治療として、まずは真っ直ぐ前を向いて膝をなるだけ高く上げ、手を振って歩く事です。
正しい姿勢で歩く事である程度は姿勢改善のために必要な筋肉もつき、痛みや痺れから解放されます。
しかし1日や2日だけやっただけでは効果は得られないので、毎日続けることが大切です。
スポンサーリンク