腰痛 原因 アルコール

アルコールが原因と腰痛の関係

スポンサーリンク

アルコールの飲み過ぎによって腰痛になることはあるのでしょうか。
という疑問があるとおもいますが確かにあります。
アルコールの飲み過ぎによって腰痛になる場合は、すい臓に欠陥がある可能性があります。
急性すい炎という病気です。
この病気はアルコールが原因ですい臓が消化されてしまい、すい臓が溶けてしまうという恐ろしい病気です。
大量のアルコールが原因ですい液の通り道の出口が炎症を起こしてしまい、すい液の流れが悪くなることが原因で起こります。
このような状態になると腰痛を伴う場合があるでしょう。
腰痛の痛みが背中やお腹にまで移ってきたなら、それにはすい臓の病気が関係していると考えるべきです。
すい臓このような状態になってしまうなら、糖尿病になってしまう危険があります。
スポンサーリンク

急性すい炎は腰痛を伴いますが、それ以外にも表れる症状があります。
最も痛いと言われるのは上腹部です。
みぞおちの左上の腹部が特に痛むようになり、背中まで痛みが広がることがあります。
アルコールを飲んだ後にこのような症状が表われるのであれば、急性すい炎の疑いがあるでしょう。
まずはどこが痛むか、どのようなときに痛むかということを見極めて、急性すい炎かどうかが判断されます。
飲んだ後に腹痛になるのであれば、急性すい炎を疑うべきですが、それ以外にもどのような症状が表われるのでしょうか。
主にあげられるのは、吐き気、嘔吐、食欲不振、発熱などがあります。
突然現れて、知らないうちに症状がなくなることもありますし、徐々に症状が強くなる場合もあります。
スポンサーリンク