排卵日 症状 腰痛

排卵日は腰痛の症状が出やすい

スポンサーリンク

女性の体は非常にデリケートです。月経周期が決まった時期に来る場合、ある程度体の調子で排卵時期を把握することは難しくありません。
排卵日の前後は体のホルモンバランスが崩れやすくなりますので、腹痛や腰痛の症状が出やすくなりますので、体を温めたり規則正しい生活を送るようにすることで排卵日に起こる生理痛を改善させることが出来ます。
月経前になると骨盤周りを中心にホルモンの動きが活発になる事から、骨盤の位置によっても痛みは異なりますが多くの場合は腰痛と似た症状が出る場合が多いのです。
また出産経験をしたことのある女性は骨盤が開いた状態になりますので、体を無理に支えようとすることで体に負担がかかりやすくなり慢性的に腰痛を引き起こしてしまう場合も少なくありません。
スポンサーリンク

排卵日の前後で腰痛や腹痛の症状が気になってきた場合には、体を冷やすことはご法度だと言われているため、腰回りに暖かいひざ掛けをまいたり貼るタイプのカイロを使用すると部分的にしっかり温めることが出来て安心です。
出産後は通常開いた骨盤が自然に元の状態に元通りになる事が大半なのですが、筋肉が固まった状態の方は骨盤が開いたまま固定されてしまう事で、腰痛の原因となります。
この状態を改善するためにも腰回りのストレッチを毎日行うようになると、体が柔らかくなり、骨盤の位置が変化してしまう場合でも腰の負担が分散化されるようになりますので排卵日に起こる体の不調や痛みもある程度痛みを抑えることが出来るようになります。このことを理解しておくと、腰痛の症状が出た時も慌てずに解釈することができるようになります。ぜひ理解するようにしておきましょう。
スポンサーリンク